大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

   

18才のとき、夢は無限大でした。

自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なんの制約も制限もなく、

いつかそのうち・・・

行きたいと思ったところに行けて、
やりたいと思ったことは全部できて、
叶えたいと思った夢は何でも叶う。

・・・今に見ていろ。

そんな風に感じていました。

 

いつの頃からか、夢は現実のサイズに縮小され、
もしも、叶わなかったら・・・と傷つくことを恐れるあまり、
人は夢を口に出すことも、心の中で描くことさえもしなくなってしまう。
夢に物質的な、時間的な制約を設けているのは、他でもない自分自身です。

もし、どんなことも、すべて叶うとしたら、
今、自分は何を思い、何を夢見、何をしたいのか?

そんな18才の心を忘れずにいられる人が、本当に夢を叶えて行く人です。

 

しかし、がむしゃらで性急な18才は、時に回りが見えません。

人を、自分を傷つけながら、不器用な凸凹道を選んで進んで行きます。

苦しさも、激しさも、若さゆえの特権ですが、
いつまでも18才の考察力のままでは、何百年生きても、試行錯誤は終わりません。
やがて疲弊してしまうでしょう。
周りの目を気にすることなく、世の中を俯瞰し、
自分に必要なことだけを徹底的に選び取り、
没頭できるようになるには、成熟した精神力と、考察力が必要なのです。

世の中のノイズや自らの世俗的な欲望に流されない、圧倒的な集中力、
公平な気持ちで観察し、判断する力。
18才の夢見る心を持ちながら、38才の、いや、もしかしたらそれ以上の
思考力、考察力を手に入れられたら。
夢を手に入れるまでの道のりは、ずいぶん短く、平坦になるはずです。

 

 

では、行動の指標にするのに、ふさわしい年齢はいくつぐらいでしょう?

 

10代では、まだ自分の行動に責任を取れません。
経験も未熟です。

30代というのは、上から下から、さまざまな責任やしがらみにがんじがらめで、
どこか守りに入ろうとする年齢。

 

そう。最も大胆に、パワフルに行動できるのは、
まだ失うものの少ない、いくらでもやり直しのきく年齢、28才。

 

青春がけっぷちのパワーとも言えるかもしれません。

 

もちろん、ここで語っているのは年齢の持つイメージです。

 

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

こんな理想的な状態を、40代になっても、50代になっても、
いやさ、60代になっても
肉体や脳の衰えからくる制約にも負けずに、めげずに、
目差し続けられたらいいなと。

 

そして、若い世代には、
是非とも、これから経験する28才を、38才をしっかり味わい、
18才の自由さを失わないようでいて、
ときには、年齢を先取りし、大胆に考え大胆に行動して欲しいと思うのです。

22616594_s

 

 


Day-to-day

年内の音大の授業も明日がいよいよ最後です。
若者たちは、それぞれの家族や友達と、クリスマスを、そして年末年始を過ごすために帰って行きます。「よいお年を」ということばは、なんだかちょっぴり淋しくなる。
終わりははじまり。いつだって。。

 

 

 - Life, 夢を叶える

Comment

  1. カモ より:

    素敵な言葉をありがとうございます
    一つの行動目標にしていきたい言葉だなあと素直に思いました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「誰にでもできること」を「マネできないレベル」にする唯一の方法

どんなことでも、続ければ必ず上達します。 これには疑いの余地はありません。 楽器 …

1行のことば

1行。 たった1行のことばが、 人にパワーを与え、 この世で最も幸福な人にする。 …

妄想、体験、疑似体験

「芸の肥やし」ということばもありますが、 さまざまな経験を積むほどに、その人の芸 …

人生のベストタイミングは「やりたい」「やらなくちゃ」と、ひらめいた時

“Never too late”は私の信条のひとつでもあ …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …

オーディションは「試験」でも「試合」でもない!

いわゆる「オーディション」というものを受けたのは、人生で2回だけ。 どちらももの …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

『The ワークショップ Show』という挑戦

ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして、著者としての記事はB面、 ヴォーカリスト、 …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …