大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声のクオリティを上げる!

      2016/10/27

あちこちで、最初の一声で「つかむ」ことの大切さを書いてきました。

それでも、話をする場合なら、
聞き手が好意的であれば、辛抱強く話に付き合ってくれるでしょうし、
内容が面白ければ、相手の心をつかむこともできるでしょう。

でも、歌の場合は、やっぱり声のクオリティなんです。
どんな名曲も、どんな技巧を凝らした表現も、
楽器自体がきちんと鳴っていない、心地よい音のしない状態のとき、
聞き手の心にはけして響きません。

ジェフベックが弾こうが、ホロヴィッツが弾こうが、
弦が切れた楽器は弦が切れた音しかしないし、
ノイズばかりの楽器で演奏されたモーツアルトで心癒されるわけもない。
いくらロックはディストーションサウンドがカッコいいといっても、
楽器自体の音が鳴らなかったら、ただの雑音、騒音です。

歌を志すなら、テクニックや表現力を磨く努力をする以上に、
声のクオリティーを上げることに取り組むべきなんです。

ところが残念ながら、歌を志す人たちの間で、
この「声のクオリティ」が置き去りにされているケースがとても多い。
自分の楽器がうまく鳴らせていないことに気づかない人さえいます。

もちろん教育する側の責任もありますが、
多くの人が、自分の声は生まれつきこんなものだ、と、
あきらめというか、悟りの境地に入っている。
声のクオリティが高められるということさえ思いもしていないようなのです。

声が震える、かすれる、大きい声、高い声が出ない、響かない、
こもる、キンキンする、安定しない。。。

すべて発声の問題です。
誰でも、いい声を持って生まれているんです。
声のかすれたワンコなんかいないんです。

もう一度、自分の声のクオリティとしっかり向き合ってください。
そこがクリアできないと、先に進めません。
一方で、そこさえクリアできれば、ぱぁ〜〜っと世界が開けます。

今日14時頃発行のメルマガでは
『声のクオリティを上げるためのヒント』。

声のクオリティが気になる方にワンポイントアドバイスをしています。
バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 

 

 

 

 - 声のはなし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

情報の価値を最大化するための5つのヒント

おなじ曲を聴いているはずなのに、 聞き手によって、耳に入ってくる情報はまるで違い …

発声の基本のチェックリスト

「役者はセリフを歌え。歌手は歌詞をしゃべれ。」 今日のEbidanに登場したブラ …

「自分の声の地図」を描く

「あなたの音域はどこから、どこまで?」 「え?」 「高い方はどこまで出るの?下は …

「お腹は凹ますのか?突き出すのか?」問題について語ってみた

「歌うときは、おへその下10~15㎝下を少~しずつ凹ませましょう。 このとき、肋 …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

自分の声をディスるな!

「自分の声は、好きですか?」 講演会やセミナー会場で、そう質問して、挙手をお願い …

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

「完璧なパフォーマンス」ができても、「蚊の鳴くような声」じゃ、やっぱりダメなのよね。

ずいぶん前のことになります。 あの子、歌がめっちゃ上手いんですよ〜。 素晴らしい …

手指のように声を操る

指差す。つかむ。運ぶ。数える。挟む。 はじめはやや不器用に、やがて思い通りに、 …

音は「楽器」じゃなくって、「人」が出すものなのです。

かつて、ドラムの神様と言われたスティーヴ・ガッドが来日した際のお話です。 &nb …