大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人は、エネルギーに魅了されるのだ!

   

「音楽はエネルギー」

 

 

そんな風に考えています。

 

音楽に求めるものは、もちろん、みな違います。
同じ音楽を聴いても、受け取る感覚も違うし、呼び起こされる感情も違う。

 

送り手としても、表現したいことも、伝えたい感情も、
聞いて欲しい、見て欲しいポイントは、もちろん、もちろん、みんな違って。

 

しかし、何を伝えようと、何を受け取ろうと、
それを伝えているのは、「エネルギー」。

 

「好きだ」というエネルギー。

「一所懸命」というエネルギー。

「全身全霊」というエネルギー。

 

1人より2人の。

 

2人より、グループやバンド全員の。

さらにスタッフの。

そしてもちろん、オーディエンスの。

 

 

たくさんの人が集まれば、それだけ行き交うエネルギー量も倍増していく。

 

人は、エネルギーに魅了されるもの

 

光に吸い寄せられる昆虫たちではないけれど、
エネルギーがたくさん出ている人や物、場所に魅了され、吸い寄せられるもの。

 

だから、エネルギーを発する人には、どんどん人が集まってくるのです。

そして、人が集まってくるほどに、
さらに、その人のエネルギーが倍増していくわけです。

 

反対に言えば、エネルギーをいかに放出できるかが、
人を惹きつけられるかどうかの鍵を握っている。

 

「単に好き」より、「ものすごく好き」、もしくは「死ぬほど好き」。

「がんばってます」じゃなくて、「これ以上できないくらい自分を追い込む」。

「ちょっとしたこだわり」ではなくて、「徹底的、完璧にこだわる」。

 

エネルギー量は、かけた時間、体力、労力、想い、おそらくはお金にも、比例する。

 

中途半端なところ、「こんなもんでいいか」では、十分なエネルギーは出ないのです。

その程度のエネルギー量のものに、オーディエンスは引き寄せられない。
当然オーディエンスからもエネルギーを受け取れない。

 

まずは、日常の中で、徹底的にエネルギーをチャージして、
自分の放出するエネルギー量を増やすこと。
エネルギーのある場所に出入りすること。
エネルギーのある人と付き合うこと。
そして、ここぞという時に、
持てるエネルギーのすべてを、誰かのため、何かのために、注ぎ込むこと。

 

出し惜しみをしてはいけません。
エネルギーをセーブしようなんて思ってもいけません。

すべてを注ぎ込む。

持てるエネルギーのすべてを出し切れる集中力と体力も必要です。

 

心配しないでください。
出し切ったエネルギーは必ず何倍にもなって戻って来ます。

 

いつも最高&最大のエネルギーを発することができる人間でいられるよう、
今日も修行に励むのです。

4365807_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

リズムが悪いのは「背骨が硬い」から?

音楽学校などでバンド・アンサンブルの指導をしていると、 一所懸命演奏する若者たち …

何年「基礎練習」するよりも、1回の「本番」

何年「基礎練習」をするよりも、一回の「本番」がパフォーマーを上達させる。 &nb …

「音楽の楽しみ方は自由」って言いますけど。

1970年代。 世界的アイドルとなったベイシティローラーズ。 日本公演が決まって …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

人は生涯に、何曲、覚えられるのか?

優れた作曲家、アレンジャー、プレイヤー、 そして、ヴォーカリストの多くが、 びっ …

「なぜだろう?」の先に、進歩がある。

「なぜだろう?」   楽器も歌もパフォーマンスも、いや、おそらく、どん …

「本番の女神」はベストを尽くした者だけに微笑む

「本番に突然、今まで出なかった高音が、ぽーんと出た。」 「思いがけないカッコいい …