大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「キミ、グルーヴないね」に悩んだら

   

少し前に『で、グルーヴって、なんなん?』 という記事を書きました。

 

音楽の現場で、こんなに頻繁に使われていることばなのに、
明確な説明ができないことばもなかなかありません。

グルーヴは日本語でいうと、「ノリ」。

「グルーヴ出して」や「もっとノリ感じて」を
「いい感じにお願い」みたいに言うこともあります。

 

・・・うーん・・・わからん。

 

 

私はグルーヴを
「リズムの点と線」という表現に対して、
「リズムの立体」とか、単に「うねり」と説明しています。

リズムの「点」はビート、
「線」はリズムパターンや音価。

グルーヴ=「立体」には、上記2つに、
強弱や緩急などの情報が盛り込まれているものと考えています。

 

さて。

 

若かりし頃、ほとほと、この、
「キミ、グルーヴないね」に悩んだ私は、
ありとあらゆることを試しました。

完コピを繰り返す、ジャズダンスを習う、歩きながら歌う、
黒人の動き、話し方、ノリ方をマネする・・・etc…

 

黒人俳優の登場する映画を見ながら、一緒に歩いたり、

黒人スポーツ選手が音楽を聴きながらカラダを揺すっているのを、
鏡を見ながらマネしたり・・・

 

だいぶ変態です・・・。
そうして、研究を繰り返すうち、いくつかの仮説が浮上しました。

 

1.グルーヴはカラダの動きと関係するらしい。
2.グルーヴのDNAを保有しているといわれる黒人は、
裏のリズムで歩いたり、話したりしているらしい。
3.グルーヴは、「無理に感じよう」とするじゃなく、
気持ちいいから、自然に出ちゃうものらしい。
4.グルーヴは呼吸とも関係あるらしい。
そして・・・

5. グルーヴは脊椎で感じるらしい。

 

さらに研究、実験、練習を繰り返すうち、
仮説は、じょじょに確信となり、
やがて、自分なりに再現できるようにもなりました。

 

音楽を聴いただけで、グルーヴが感じ取れる、
演奏しようと思うと、自然にグルーヴが出る、
そんな、「グルーヴが血にある」人たちや、天才たちのことは、
指をくわえてながめつつ、とりあえず放っておきましょう。

 

所詮、私たち、「えんやーとっと」の日本人。

 

「血にない」なら、左脳からしっかり情報を取り込んで、
感覚を取り出せばよいのです。

36233485 - music

明日7日(水)発行予定(ごめんなさい!予告より1日遅れの発行です)のメルマガno.131では、私なりにたどりついた、『グルーヴをマスターする方法』をマニアックにお届けする予定です。
2017年2月開講の【第3期MTL12】のメルマガ読者様先行お申し込み受付のURLも添付いたします。
バックナンバーも読めますので、興味のある方はぜひ読んでくださいね。
登録はこちらから。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 完コピ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …

1つの曲に含まれる驚くべき情報量

「普段、どんな音楽を聴いているんですか? やっぱり、レコードとか、CDとか、たく …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …

勘違いか?わかってないのか?はたまた、なめてるのか?

ライブでもレコーディングでも、 いや、リハーサル、または実技の授業などであっても …

コツコツ積み重ねる微差が、逆転勝ちを演出する

自分の生まれは選べません。 生まれたときから、才能やルックスや音楽環境に恵まれて …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

ゆっくりやってもできないことは、速くやったらなおさらできない。

「速くて難しい曲」、どうやって練習していますか?   学生などの練習で …

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

スマホの時代になって間もなくのこと。 こちらが、それはもう夢中で、 なかなかいい …

自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …