大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

解釈は聞き手にまかせる

   

ずいぶん前のことになります。

アメリカ人の友人が主催する、
英語で書かれた詩ばかりを集めた同人誌の、
オフ会に参加したことがあります。

自身が書いた詩を、交代に朗読するのですが、
みなさん、一般の方たちですから、
流暢な朗読ばかりではありません。

特に感情も込めず、訥々と、淡々と、
自身の紡いだことばを読んでいく、
という人が多い印象でした。

 

しかしね。
これが、いいんです。

変に感情を乗せないからこそ、
伝わってくることばや思いがある。

 

そういえば父が昔、
テレビでプロの朗読する詩を聞いていて、

「こういう思い入れたっぷりなの、気持ち悪いなぁ。
詩ってのは淡々と語るもんだ。」

なんてことを言っていたっけ。

解釈は聞き手にまかせる、というのが詩、
と言うことでしょうか。

 

『まんが日本昔ばなし』で、
市原悦子さんと常田富士男さんの独特な語り口に、
感動を覚えた人もいると思います。

押さえに押さえた抑揚で、淡々と語られる物語。

だからこそ、想像力が膨らむ。
昔ばなしの世界に引き込まれる。

わかっている役者ってすごいなぁと、
こども心に感じたものです。

 

ことばは不思議です。

語り手の解釈と聞き手の解釈が、全然違うときもある。

だからといって、語り方が悪いわけでも、
聞き手がわかってないわけでもない。

それこそが、ことば。
生き物なんですね。

 

どんな命を吹き込むかは、
送り手、パフォーマーにかかっています。

その命をどんな風に受け取るかは、
受け手、オーディエンスにかかっています。

そうして、キャッチボールを繰り返すうちに、
化学反応が起き、新しいエネルギーが生まれる。

 

どんな風に表現するのも、
はたまた、なんにも表現しないのも、送り手の自由。

どんな風に感じ取るのも、
何にも感じ取らないのも、受け手の自由。

 

新曲の歌詞を書きながら、
そして、レコーディングをしながら、
そんなことを考えました。

 

伝えようとしなくても伝わる歌。

そんなものを目差しています。

◆声と歌に関するマニアックな情報を毎朝お届けしているMISUMIの書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。ご登録はこちらから。

 - 音楽

  関連記事

ロックへの反逆

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」 少し前のこと。 ロック的なサ …

「これで完璧!」って、なぜ言える?

神は細部に宿る。 通り一遍やるなら、誰でもできる。 ひとつ、ひとつの精度をどこま …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「原体験」こそが自分を動かす原動力

「どんな音楽が好きなの?」という問いに、 アイドルやV系スターの名前を言うことが …

『この人、うまいの?』

『この人、うまいの?』 最近は滅多にありませんが、 母と一緒にライブやテレビなど …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

この歌、どうして知らないの?

MTL定番の、 (そして、私自身が「ドS」と認定されるきっかけのひとつとなった) …

「プロじゃない」から、すごいんだ。

最近、セミナーや講演を通じて、 全国の音楽愛好家の方たちと接する機会が多くなって …

ただ、情報としてそこにあるだけでは、 何の価値もない。

自分自身の音楽の世界を広げるためには、 慣れ親しんだ音楽ばかりを繰り返し聞くだけ …

感情も情熱も当てにならない。システムなんかじゃ、いい音楽は生まれない。

感情には波がある。 情熱もやがて冷める。   だから、何事も継続するに …