大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

練習場所が欲しい!

   

最近の高校生は、学校でバンド練習とかするのでしょうか。

高校時代、授業が終わると、
教室の机をバババと後ろに寄せて、
ドラムセットを組んだり、アンプをセッティングしたりして、やったもんです。
バンド練習。

なにしろ学校にほど近い秋葉原の貸しスタジオは、
高校生のお小遣いでは、週一借りるのがせいぜいでしたから、
とにかく毎日でも音を出したかった私たちにとって、
教室は恰好の練習場所でした。

結構うるさい学校だったのに、
よくぞ許してくれたものだと、
今さらながら、感謝の念が湧いております。

あたしのギターは言うにおよばず、みんなへたくそだったし、
ヴォーカルアンプやマイクはなかったから、歌は生だったし、
要は、「なんか、あたしたちバンドがんばってるよね」
というのを確認する時間みたいなものでしたが、

それでも、毎日のように放課後になると、
メンバーで集まって音を出すってのは、
それだけで本当に楽しかったものです。

そういえば大学時代は、
あちこちの大学に歌いに行っていましたが、
みんな、教室で練習していたなぁ。

某有名女子高校の友人は、
「うちの学校にはバンド練習用のスタジオがあるの」と言っていたけど、
そんな恵まれた環境の学校に通う人たちは、ホントに一握りでしょう。

そんな話を、ギターの故・末原康志さんに言ったら、
「俺たちの時代は、学校でバンド練習やるなんてあり得なかったよ。
バンドやってるってだけでもうるさかったんだから。
みんなでリヤカーに機材積んで、近くのビルの屋上借りて練習したもんだよ」
と言っていたっけ。

そういえば、うちのジェフ夫さんも、こんな話をしていました。
「お寺に頼み込んで本堂で練習させてもらったりとか、
神社の息子がいたんで、その神社の境内でやったりとか、
倉庫の2階だったこともあるし、俺の部屋でやったこともあるし。。
決まった場所はないからジプシーみたいなもんだったな。」

貸しスタジオで練習できるなんて、贅沢中の贅沢なんですよね。

ちなみに、カラオケボックスなんてものもないので、
歌の練習をするのも、家か学校。
後は公園のようなアウトドアとか、車の中。

そうやって思うと、
どんな街にも貸しスタジオがあって、カラオケボックスがある現代は、
音楽愛好家にとって、実に恵まれた時代と言えます。

 

歌や楽器の上達のために必要なことはなんですか?
と聞かれたら、真っ先に「練習場所」と応えます。

ギターやキーボードのように、
ヘッドフォンをかぶればどこででも練習できる楽器はともかく、
ヴォーカルやドラム、管楽器などなど、生楽器は練習場所を選びます。

まわりに気を使って歌っていると、
変な息漏れの癖をつけてしまったり、
音域を広げる、声量を育てる、音色の研究をするなど、
思い切った練習ができません。

ほとんどの人にとって、
思い切り音が出せる場所を確保するというのは、
けして容易なことではないでしょう。

この高いハードルをクリアすると、上達がぐっと近づきます。

とはいえ、
家にスタジオを持っていたり、
24時間好きな時間に音を出せる防音室がある人が、
日夜練習に励むわけではないというのは、先日のブログの通り。

むしろ、「今日の○時〜○時しか練習できない」くらい、
制限がある方が集中してできて、
練習のクオリティが上がるというのは、人間のさがか。

あなたには、練習に集中できる場所がありますか?

 


■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, バンド!

  関連記事

「君たちには問題意識というものが足りない!」

「君たちには問題意識というものが足りない!」 大学4年の時、ゼミの担当教授が、 …

「バンドとやる」の本当の意味

大学の授業に「アンサンブル・レッスン」というのがあります。 なんだかカチッとした …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

がんばれないのは「ご褒美設定」がうまく行っていないから。

誰だって、がんばってもがんばっても、なんのご褒美のない、 不毛な努力はできないも …

「バンド、やりたいんですけど・・・」

「バンドやりたいんですけど・・・」 学生から、そんな相談を、よく受けました。 え …

リズムが悪いと言われたら真っ先にすること。~Singer’s Tips#10~

「リズムが悪い」と言われた時、 真っ先に点検すべきは、 点=ビートを捕らえられて …

勘違いか?わかってないのか?はたまた、なめてるのか?

ライブでもレコーディングでも、 いや、リハーサル、または実技の授業などであっても …

「なんか、できちゃうかもしれない」妄想

ロックダウンを機にスタートした英語のレッスンも8週目。 今日も、”S …

自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …

練習するのは、全てを忘れるため

「テクニックなんかどうでもいいんですよ、歌は。」 ピッチだ、リズムだ、表現力だと …