大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人は「声の高低」でワクワク、感動する。

   

全っ然、キャラじゃないんで、
あんまり言わないんですが、
こう見えても、
ディズニーランドが大好きで、
開園当初から、折に触れ出かけてきました。

生まれて初めて行った時は、
おとぎの世界に紛れ込んだような、
園の完璧なつくりや、
そこかしこで流れる美しい音楽、
アイディアに満ちあふれたアトラクションの数々に、
心から夢中になったものです。

今ではすっかりおなじみの定番アトラクション、
『ジャングルクルーズ』も、
初めて乗った時は、
それはそれは楽しくて、
すぐにまた乗りたくなりました。

船長役のキャストたちの熱演もすばらしく、
絶妙な「間」と語り口で、
驚きと冒険の旅をみごとに演出してくれました。

すっかりディズニーランドに夢中になってしまった私。
その数ヶ月後、彼氏におねだりして、
再び、浦安へ。

大好きな『ジャングルクルーズ』の列に、
真っ先に並びました。

 

ところが、です。

楽しくないんです。

いや、もちろん、
ここで滝の裏に入りますよ、とか、
ここで首狩り族が出てきますよ、とか、
知ってしまったから、感動が薄れた、
というのは、ゼロではありません。

しかし、
『水戸黄門』を見て、
毎回、印籠が出てくるたびに、
「出た〜っ」と感動するように、

人は、定番のネタに、
気持ちよく、感動できるもの。

じゃ、なにが違うって?

キャストがイケてなかったんです。

もちろん、まったく同じセリフを、
同じタイミングでしゃべっています。
テンポもほぼ同じですし、
ことばが聞き取れないわけではありません。
やる気がないというわけでもないでしょう。

それでも、楽しくない。
盛り上がらない。

あまりにもがっかりしたからでしょう。
何十年も経って、
ビジネス向けの声のセミナーを開催するとき、
ふと、そのときのことを思い出しました。

 

あれって、なぜだったんだろう・・・。

 

考え始めたら止まりません。

スキッパー船長のセリフをググって、
自分でも同じように演じてみました。

「ジャングルクルーズへようこそ!
私が船長のMISUMIです。
これからみなさんを危険がいっぱいのジャングルへと御案内いたします。
何が起こるか分からないジャングル。
二度と戻ってこれないかもれません。
見送りの人たちにお別れの手をふりましょう。
バイバ~イ!」

やり出すと、楽しくなって、
すっかり気分はスキッパーです。
ヴォーカリストですから、
それなりの雰囲気が出ます。

どうやったら、
こんなセリフを盛り上がらないように言えるのか。

実験の結果あることがわかりました。

人がワクワク、感動するのは、
「声の高低」だということです。

歌うように、
高い音から低い音まで、
スリリングに上下しながら語られることばに、
人はワクワクしたり、感動したりするのです。

声の大きさを変えるだけでは、
効果は半分以下なのです。

優れた俳優は、自然にやっていること、
それが「歌うように話す」なんですね。

しかし、うまくセリフを言えない人で
これに気づく人はまれです。

セミナーでも、実際に、
みなさんにこのセリフを読んでもらいましたが、
「声の高さを変える」と説明しても、
どうしていいかわからない人がほとんどでした。

こんなとき、やってみて欲しいのが、
完コピです。

誰かのトークを、そのままの抑揚で、
声の高低を真似て話してみる。
それを録音してみることです。

最初は、難しいと感じるかもしれませんが、
似せよう、寄せようとしているうちに、
コツがつかめてくるはずです。

語学上達の決め手も、声の高低。
耳を鍛えるためにも、
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

それでは今日はこんなところで!
バイバ〜イ!

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事のインサイドストーリーなど、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, ビジネスヴォイス, 声のはなし

  関連記事

「歌の練習、どこでしているの?」

昨日のこと、 レッスン中にいきなり「ドドドドドドッ!」という大きな音がしだして、 …

no image
「怖いですかね?私?」

販売関係のお仕事で管理職を務める若き女性、Wさん。 「私、『もっと怖い人なのかと …

音楽時間を最大化するためのコツ。

仕事の精度の高い人は、切り替えがうまい。 昨今、私の周辺の「できる人」を見ている …

「カッコいいもの」と、それ以外

音楽学校などで、 「この曲を練習してきて」と課題曲を渡すと、 「この通り歌わなく …

ホンモノか?ニセモノか?

「あいつはホンモノだよ」 「なんか、あの子、ウソくさいのよね」 一般の人たちがど …

大きな声を出せないときに、やるべきこと。

各地で次々と緊急事態宣言が解除され、 コロナ自粛も出口が見えてきました。 とはい …

声を伝えるのに必要なのは「デリカシー」。「気合い」じゃないんですよ。

音の波形ってみたことありますか? 音は空気の振動。 特殊な装置をつかうと、 その …

声は、自分という人間の印象を変えるのか?

声を変えることで、自分の印象を変えることができるのか? そもそも、声は変えられる …

カツゼツッ!!!

普段はほとんど興味のないテレビですが、 さすがに昨今、 ニュースくらいは見ておか …

「知ってる」だけで満足しないっ!

好奇心は学習のはじまりです。 「知りたい」という欲求こそが、 人を、勉強や練習や …