大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

      2016/10/27

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が終了しました。

はじめての試みにも関わらず、大きな反響をいただき、大幅に増席しての3時間。

 

2015.11.21ダイジェスト版_6494

*出席者のプライバシーに考慮してお顔が判別できないようにしています。

これまで、一度もボーカリスト向けのセミナーをやってこなかったMTL。

今回のセミナーはひとつの大きな挑戦でもありました。
来年度からの、『オープンレッスン12』のご紹介という形を取りましたが、
webなどでも説明したように、
「美味しいところだけをちょろっと見せて、オープンレッスンを受けなくちゃと思わせる」
などという、せこいことをするつもりは、もちろん、はじめから毛頭なく。

 

商売っ気など度外視で、
「3時間でボイトレメソッドをどこまで詰め込めるか」のチャレンジでした。

 

世の中にはボイストレーニングに通うことのできない環境にいる人がたくさんいます。

 

さらに、ほんの一握りの優秀な先生に巡り会い、
実際にその先生に習い続けられる状況にいる人は、
本当にごくごくわずかの恵まれた人たちだけ。

 

もちろん、天才たちは、人に歌を習うことなどなく、
自分自身の勘とセンスを頼りにどんどん上達していくわけですが、
そんなことをうらやんでいる暇は最早ありません。

 

そこで、最も重要なのは、「自分で自分に教える方法を学ぶこと」。

そんな自分自身に教えるための方法を、3時間で網羅できないかと、
とにかく、徹底的に考えました。

 

コンセプトは

『一生に一度しかボイストレーニングを受けられない人に、
3時間で歌が上達するためのコアメソッドのすべてを伝える』。

2015.11.21ダイジェスト版_583

「また〜。大きく出たね〜。」といわれそうですが・・・

私が目差しているのは、自分のセミナーやレッスンに、
たくさんの人に来ていただくことではありません。

 

何年通ってもうまくならない教室に、
時間とお金と若さを無駄にしてしまう若者たち、オトナたちに、
自分自身に教えるための方法を伝えたい。

レッスンをはしごする日々を早く抜け出して欲しい。
この3時間には、そんな思いのすべてを詰めました。

 

情報量はまだまだ足りなかったかもしれません。
実際に声を出したりする、実技時間も少なかったと思います。

 

それでも、レッスンに通うことができない人たちが、
どうやって自分自身練習を進めたらいいか、
たくさんのヒントを持ち帰っていただけたのではないかと自負しています。

最短時間で最大効果。

オープンレッスン12では、
文字通りヴォーカリストに必要な情報、すべてを教えきるつもりです。

後は持ち帰っていただいたもので、「自分で自分に教え続ける」のみ。

挑戦は続きます。

2015.11.21ダイジェスト版_3715
明日12時頃発行のメルマガ号外では、ダイジェスト版を受けていただいた方の感想をお届けします。『オープンクラス12』を先行でお申し込みいただくためのご案内もあります。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ボイストレーナーという仕事, 今日のレッスンから

Comment

  1. よしだゆきお より:

    最小時間で最大効果 ではないでしょうか?

  2. otsukimisumi より:

    きゃ。ありがとうございます!「最短時間」の方がいいのでは?というご指摘も受けましたので、「最短時間で最大効果」として修正いたしました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ペット・アレルギー?

今日は月1くらいのペースで、お父さんに連れられ関東近県からやってくる、 タレント …

ヴォーカリストこそ、もっと、ちゃんと「聴く」!

バンドのパートの中で、一番コピーしやすくて、 誰でも、そこそこやれるパートってな …

「自分のことば」になってない歌詞は歌えない!

役者さんがしばしばつかうことばに「セリフを入れる」というのがあります。 この「入 …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

アドリブ上達の唯一の方法

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、 素直にストレートメロディだけ歌って …

音楽家としての「表現の自由」を謳歌する

「テクニックを身につけるのは、選択の余地を増やすためである」 そんなお話をよくし …

「歌われているように書く」で英語の歌は劇的にうまくなる

ちょっと怪しいタイトルですが、 今日はタイトルだけ読んでいただければいいくらい、 …

ゆっくりやってもできないことは、速くやったらなおさらできない。

「速くて難しい曲」、どうやって練習していますか?   学生などの練習で …

練習の成果は「ある日突然」やってくる

はじめて「上のF」が地声で出た瞬間を、 今でも鮮明に覚えています。 学生時代は、 …

「曲の可能性」をありったけ取り出す

大好きで、よく引用することばに、 世紀の名ピアニスト・ホロヴィッツの 「楽譜は紙 …