大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

そして、戦いは続くのだ。

   

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、
「あぁ、人って、みな同じなんだな」と、しみじみ思います。
 

ブログに綴っているのは、自分自身に対する叱咤激励だったり、
自分の周囲にいる人に、心から伝えたい、
もしくは、上手に伝えられなかったことだったり。

そんな、私にとって、ごくごく身近な、
プライベートかつ、マニアックな思いが、
全国の、多くの人の心に届いている。

 

不思議で、嬉しい発見です。

 

 

自分自身が、毎日毎日、何かと戦って、がんばっているとき、
人も同じように、何かと戦って、がんばっている。

その向き合い方や戦いの形が違うだけで、
心のコアにある熱い想いは、同じエネルギーを持っている。

 

がんばるのは、
自分が無能ではないと証明したいから。

もしかしたら、自分は無能なのかも知れないという、
恐怖を強く打ち消したいから。

 

がんばるのは、
誰かの笑顔が見たいから。

誰かを昨日より、ほんの少しでも幸せにしてあげられたら、
それが自分自身の幸せと感じるから。

がんばるのは、
誰かの苦しみを少しでも楽にしてあげたいから。

がんばっても報われない思いでいる人を見ることが、
耐えられないから。

なにひとつ有益なアドバイスができないことで、
たくさんの人の時間とお金とエネルギーを盗み取っている、
世の中の権威や無知や偽物のブランドに、死ぬほど腹が立つから。

 

がんばるのは、
まだまだやれると信じたいから。

そう信じている自分が好きだから。

がんばるのは、いつだって自分自身でいたいから。

 

 

自分自身に”Yes”と言ってあげられるとき、
本当に自分は恵まれた人間だと感じます。

まだまだ突っ走ります。

いつもブログを読んでくださって、本当にありがとうございます。

37109149 - very nice emotional image of a beautiful afro american woman giving thanks

6日(火)メルマガno.131では、「リズムのうねり=グルーヴ」についてマニアックにお届けする予定です。
2017年2月開講の【第3期MTL12】のメルマガ読者様先行お申し込み受付のURLも添付いたします。
バックナンバーも読めますので、興味のある方はぜひ読んでくださいね。
登録はこちらから。

 - Life, 今日のレッスンから

Comment

  1. 福島博 より:

    いつもブログ楽しみにしてます。そして元気と前向きな気持ちを貰ってます。ありがとうございます。
    今日も一日 挑戦だ!仕事にギターに歌う事に身体作りに なりたい自分に!

  2. otsukimisumi より:

    >福島博さん
    コメントありがとうございます!嬉しいです!
    私もますます挑戦していきます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

やりたいことは、「今」はじめる。 10年続ける。

無条件に何かを「楽しい」と感じられるようになるまで、 人は何かしらの学習を積み重 …

「苦手なことは、時間と共にますます苦手になる」悪循環を断つ3つの方法

人は、得意なこと、適性があることを、 好んでやる傾向があります。 また、自らは、 …

あたりまえ過ぎて、今さら言えない10のこと

あまりにも、あたりまえのことすぎて、 最早、口にすることさえはばかられるようなこ …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

一瞬の選択で人生は大きく変わります。   もしもあの時、あの瞬間にラジ …

前進し続ける人に共通のキーワード

「もう」は「まだ」なり。「まだ」は「もう」なり。 私の文章によく登場するので、最 …

「そういう素人臭いのじゃなくて、ちゃんとフレーズ歌って!」

「声くださ〜い」   音楽の現場に長くいるので、 この「声ください」と …