大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ノドにいい食べ物?悪い食べ物?エピソード

      2015/12/20

「ノドにいい食べ物ってなんですか?これは食べちゃいけないってありますか?」

こんな質問を受けると、お話するいくつかのエピソードがあります。

ノドに悪いものの代表といえば、タバコです。

3年ほど前に亡くなった柳ジョージさんは、
スタジオに入るなり、タバコに火をつけ、ビールをどんどん飲みながら、
レコーディングをしていたものです。

ジョージさんがある日、ニコニコしながら私に言いました。
「MISUMIちゃん、こないだ耳鼻科でノド診てもらったらさぁ、
こんな綺麗な声帯、診たことないって言われちゃったよ〜」

誤解しないでくださいね。
タバコはボーカリストにとっては、正直、かなり極悪なものです。
ニコチン、タール、煙、熱、すべてが声帯を痛めつけます。
もちろん、大量に吸えば、気管や肺にも悪影響があります。

それでも、大丈夫な人はいる、ということです。
3大テノールで有名なパバロッティもかなりの愛煙家だったそうです。

ちなみに私も10年ほど前までは吸っていたことがあります。
せいぜい一日に4〜5本というところでしたが、
それでも、吸っていない時期に比べ、痰のようなものが絡みやすく、不快でした。
私には向いていない。そう判断しました。

もうひとつ、ノドに悪いと噂される代表的なものに、辛い物があります。

しかし、ちょっと考えてみると・・・食べ物や飲み物は声帯を通過しない。
直接声帯にダメージを与えるような影響はないはずです。

実際、フィリピン出身のマリーンさんが、
晩ごはんにキムチをどんぶりで2杯平らげているのを目撃したことがあります。
マリーンさんいわく、「フィリピン人だから辛いもの食べるのは当たり前よ」。

言われてみれば、活躍しているインド人の歌手や、韓国人の歌手だって、
絶対に毎日辛い物食べているはず。

ただし、ノドに痛みや炎症のあるときは、辛い物は避けるのが無難です。
炎症部分が辛い物に刺激されて、声帯の方に広がってしまう可能性があるからですね。
同じ理由で、ノドが辛い物に過敏な人は避ける方が無難かもしれません。

18116418_s

カフェインがノドに悪いと指摘する人もいます。

理由は、ノドに与える刺激と、その利尿作用。

カフェインが与えるノドに与える刺激に関しては、
辛い物と同じ考え方でいいでしょう。

問題は、利尿作用。

カラダから必要な水分までも外に出してしまうため、
ノドが乾燥しやすくなるというもの。

一方で、利尿作用があるということは、
むくみを取ってくれるということでもあります。

声帯を含む、全身が浮腫んでいるとき、カフェインを取ることで、
スッキリすることもあるのです。

ケータリングに必ず、はちみつと紅茶が置いてあるスタジオもあります。
実際、某有名歌手は、
「レコーディングのお伴は、レモンとはちみつがたっぷり入った紅茶なの」
と言っていました。

利尿作用が気になるなら、カフェインの摂取量をある程度制限すると同時に、
カフェインの入った飲料をお水の代わりと思わず、
水は水でたっぷり飲むこと。

では、カラダや声帯の水分量を適度に保つためには、
毎日どのくらい水を飲めばいいのでしょうか?

一日1リットルから1.5リットルくらい飲むといいとされるのが、一般的です。
もちろん、カフェインの入った飲み物や、
粘液を濃くする甘い飲み物は、カウントされません。

アメリカのボイストレーナー、ロジャー・ラブは、
「医師たちは、『ボーカリストなら、毎日4リットルの水を飲むことを推奨する』
と言っている」と書いています。

4リットル。。。ペットボトル2本分です。
お腹ガボガボですね。

水の飲み過ぎは腎臓に負担をかける、という報告もあります。
結果、水毒で、カラダが浮腫みやすくなるともいいます。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。

もうひとつ。
やはりアメリカのボイストレーナー、マーク・バクスターは、
乳製品も、粘液を濃くして、痰に悩む原因をつくるので、
止めるべきだと言っています。

しかし、SHOW-YAの寺田恵子さんは、
ステージ中、ヨーグルトにはちみつを入れた物を食べると調子がいいからと、
舞台袖に常に用意させていました。

乳製品取りすぎ気味のアメリカ人と日本人の事情が違うのか。
それとも、個人差なのか。。。

今日の結論。
ノドにいい食べ物、悪い食べ物も、自分で選び取っていくしかない。

やはり、「正しい」は人の数だけある、ということなのですね。

 - カラダとノドのお話, 声のはなし

  関連記事

精度の高い”フォルティッシモ”を持て!

ダイナミクス、すなわち音量の強弱のコントロールが 音楽表現の大切な要素であるとい …

no image
カラダの制約から解き放たれたいっ!

マジカルトレーニングラボのボーカリストのためのトレーニングでは、 基礎トレーニン …

no image
「ひとりごと」のススメ

「最近、どうも声が出づらいんです」 「すぐ声が枯れるようになった気がします」 「 …

no image
声のクオリティを上げる!

あちこちで、最初の一声で「つかむ」ことの大切さを書いてきました。 それでも、話を …

出音=声にこだわるべ〜し!

出た瞬間の「音」が勝負。 いろいろなところで、そう書いてきました。 一流は「音」 …

ヴォーカリストは「声」が命

歌に関することを、ずいぶんいろいろと書いてきました。   姿勢、呼吸な …

緊張に打ち克つ。

多くの人に相談される悩みのひとつに、 「人前に出ると緊張してしまって、声が出なく …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

「お腹は凹ますのか?突き出すのか?」問題について語ってみた

「歌うときは、おへその下10~15㎝下を少~しずつ凹ませましょう。 このとき、肋 …

「カラダの管理」はすべてのパフォーマーの絶対的義務である

「お土産、甘い物にしちゃったんですけど、 もしかして、MISUMIさん、甘い物と …