大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分の「サイズ」に合った声を出す

   

管楽器ほど、
一目見ただけで音色の想像がつく楽器もないでしょう。
大きさ通り、見た目の素材通りの音がする。

そして、それこそが、「音色」の基本です。

歌の練習を始めると多くの人が陥るのは、

自分のカラダが、
実際の大きさよりも、
遙かに大きな楽器であるかのように、

カラダをぐっと膨らませ、
口の中の空間を押し開いて、
太くて大きな声の響きを演出しようとすること。

一方、緊張でカラダだけでなく、
呼吸筋まわりや口の内外をも萎縮させて、
ぎゅっと縮こまって歌うような人もいます。

つまり、自分のカラダのサイズ通りに歌えていないのです。

たとえば、ピッコロに、
バリトンサックスを吹く時のように、
ブオ〜ッと圧の強い空気を吹き込んだらどうなるか?

反対に、トロンボーンを
縦笛のように吹いたらどんな音がするか?

楽器には、それぞれ、ふさわしい鳴らし方があるのです。

 

ビッコロでサックスのような音色を出そうと気張ることに、
一体どんな意味があるというのでしょう?

くちびるも、呼吸筋も必要以上に緊張し、
肩に力が入り、
自分らしい表現どころか、
よい音色も出ず、
ピッチすら確実に当たりません。

サックスの音色を出したいなら、
サックスを吹くに限る。

ピッコロにはピッコロの魅力があって、
それを極めることで、
格別な表現を手に入れることができるのです。

とはいえ、自分の楽器はこんなもんである、
と決めつけてしまうのも危険です。

トレーニング段階では、
未知なる音色、
思いも寄らない可能性が眠っていると信じて、
さまざまな角度から自分を追い込んでいくことで、
ピッコロだったものがフルートに姿を変えたりするのが、
人間のカラダの面白いところであり、
素晴らしいところでもあります。

いずれにせよ、

大切なことは、

自分自身と向き合うこと。
自分の価値を過小評価しないこと。
その可能性を最大限引き出すこと。

自分の心身のサイズと、
表現したいこと、
そして、技術力のバランスが取れたとき、
自分史上最強の表現ができる。

そんな風に信じています。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事のインサイドストーリーなど、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, しない、しない、シリーズ, カラダとノドのお話, 声のはなし

  関連記事

「限界ギリギリの定番曲」をいきなり歌う。

練習はルーティンからはじめる、というのは、 どんなスポーツでもおなじではないでし …

「絶対売れる戦略」ってなんだ?

ずいぶん前のことになります。 某大手事務所さんが非常に力を入れていた新人がいまし …

本物に触れる。 本物を知る人の感性に触れる。

ずいぶん昔のことになります。 親戚の知り合いだったか、 知り合いの親戚だったか、 …

知的に怠惰になった時点でゲームオーバー

PCをつかって仕事をしていると、 日々、知識をアップデートする必要に迫られます。 …

ベストを尽くす。ベストを尊重する。

週末の久っびさのリアルセミナーの準備に追われています。 レジメやプロット、オケや …

「他者基準」で自分をジャッジしない。

才能あふれる若者たちを教える機会に恵まれています。 レッスンのたびにワクワクした …

一点突破

大変遅ればせながら、新年初回ブログです。 2019年も、『声出していこうっ!』を …

無駄な力を抜く!〜そんな筋肉つかいません!〜

「力を抜いて!」 「リラックスして!」 「力まないで!」   このこと …

no image
歌の構成要素を分解する〜ラララで歌う〜

大好きな曲を、オリジナルを歌っている歌手と一緒に歌う。 何度も、何度も、繰り返し …

「はい、はい。わかった、わかった。」

「あんた、あんたって、、、んん〜〜っもう、ったくぅ〜〜。 く・・・くやしいぃいい …