大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分の「サイズ」に合った声を出す

   

管楽器ほど、
一目見ただけで音色の想像がつく楽器もないでしょう。
大きさ通り、見た目の素材通りの音がする。

そして、それこそが、「音色」の基本です。

歌の練習を始めると多くの人が陥るのは、

自分のカラダが、
実際の大きさよりも、
遙かに大きな楽器であるかのように、

カラダをぐっと膨らませ、
口の中の空間を押し開いて、
太くて大きな声の響きを演出しようとすること。

一方、緊張でカラダだけでなく、
呼吸筋まわりや口の内外をも萎縮させて、
ぎゅっと縮こまって歌うような人もいます。

つまり、自分のカラダのサイズ通りに歌えていないのです。

たとえば、ピッコロに、
バリトンサックスを吹く時のように、
ブオ〜ッと圧の強い空気を吹き込んだらどうなるか?

反対に、トロンボーンを
縦笛のように吹いたらどんな音がするか?

楽器には、それぞれ、ふさわしい鳴らし方があるのです。

 

ビッコロでサックスのような音色を出そうと気張ることに、
一体どんな意味があるというのでしょう?

くちびるも、呼吸筋も必要以上に緊張し、
肩に力が入り、
自分らしい表現どころか、
よい音色も出ず、
ピッチすら確実に当たりません。

サックスの音色を出したいなら、
サックスを吹くに限る。

ピッコロにはピッコロの魅力があって、
それを極めることで、
格別な表現を手に入れることができるのです。

とはいえ、自分の楽器はこんなもんである、
と決めつけてしまうのも危険です。

トレーニング段階では、
未知なる音色、
思いも寄らない可能性が眠っていると信じて、
さまざまな角度から自分を追い込んでいくことで、
ピッコロだったものがフルートに姿を変えたりするのが、
人間のカラダの面白いところであり、
素晴らしいところでもあります。

いずれにせよ、

大切なことは、

自分自身と向き合うこと。
自分の価値を過小評価しないこと。
その可能性を最大限引き出すこと。

自分の心身のサイズと、
表現したいこと、
そして、技術力のバランスが取れたとき、
自分史上最強の表現ができる。

そんな風に信じています。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事のインサイドストーリーなど、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, しない、しない、シリーズ, カラダとノドのお話, 声のはなし

  関連記事

ロックはエネルギー!

先日のロック・セミナーで、 「ロックはエネルギーだ」というお話を、 繰り返し、し …

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …

開けゴマ!

「開けゴマ〜!」 言わずと知れた、 『アリババと40人の盗賊』のクライマックスシ …

「これでいいのだ」と言い切る勇気。言い切れるまで追い込む努力。

中学時代、先生や英会話部の先輩たちが口々に、 「カーペンターズの英語はきれい」 …

若さのエネルギーなんて、誰だって持ってるし、誰だって失う。

あれは中学1年の頃。 美術の時間になると、 テストの成績の1位〜3位を、 常に争 …

風邪の治りかけ。「ガラガラ声」の原因は?

今年の風邪はいやらしい、とは聞いていましたが、 いやいや。まじで。 いつまでも、 …

幸せと。寂しさと。そして嫉妬もちょびっと。

自分の仕事の評価を何で計るか? 稼いでいる金額? メディアで取り上げられた数? …

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

プライベートか?グループレッスンか?

「歌はプライベートレッスンでなければ上達しない。」 長年、そう言われています。 …

「へたくそな自分」を楽しむ

一昔前までは、 『NHKのど自慢』に登場するような、 歌好きのひとたちって、 も …