大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

やっぱ、最後はエネルギー。

   

歌の指導をしていく中で、
心がけているのが、

感覚的な説明に終始したり、
精神論を展開したり、
スピリチュアルな話を持ち出したりしないこと。

どんな歌い手にも、
それぞれの思いがあるし、
心の歴史があります。

音楽に対する考え方や、
音楽から取り出したい想いは、
ひとりひとり違って当然なのです。

「心をこめて歌いなさい」なんてことは、
教えられなくたって、
やりたい人はちゃんとやっている。

ある人にとって「心のこもった歌」が、
他の人にはたまらなく「暑苦しい歌」に聞こえることだってある。

心の問題を扱ったり、
精神論を展開するのは、
専門家にお任せすべきですし、

「こう感じるべき」、
「こう考えるべき」を語るのは、
どこかの教祖様のお仕事。

言語化できない、
フワッとしたことばで熱く語られても、
受け手は戸惑うばかりです。

それぞれの想いや心の在り方に正解はないのです。

そこに100%のリスペクトを払う。

それぞれが信じていること、
それぞれが表現したいことを、
いかに100%に近い形で、
声に、パフォーマンスにするための
お手伝いをできるかどうか。

トレーナーの仕事はそこに尽きます。

とはいえ、
「エネルギー」ということばだけは例外です。

そもそも、エネルギーは、物理。

素晴らしいパフォーマンスには、
エネルギーが乗っている。

集中するから、自らのエネルギー量が最大化されるし、

テクニックがどうとか、
音域がどうとか、
そんな制約を超越したところで、
エネルギーは、聞く人の心を動かします。

いかに、自分というエネルギーのすべてを
パフォーマンスに昇華できるかが、
すべてのパフォーマーの練習や修行のゴールなのです。

これはもうね、
精神論とか、スピリチュアルなお話ではなく、事実。
真理です。

エネルギーを最大化する。
自分というエネルギーを表現し切る。

最後はね、もうそこです。
いや、そもそも、そこです。

圧倒的なエネルギーの前で、
ピッチだの、リズムだの、カツゼツだのというのは、
ディテールに過ぎません。

しかし、そのディテールが、
エネルギーに制限をかける。

思うように声が出ない、
心で描いているように歌えない、
バンドのサウンドに乗っかれない。

だから、集中できない。
エネルギーが最大化されないわけです。

基礎力やテクニックなどという、
「雑念」にエネルギーを奪われないために、
私たちは、基礎練習に励み、
テクニックの修練にいそしむのです。

そんなお手伝いをするのが、
トレーナーの仕事でもあります。

しごき倒すのは、「愛」ですね。

“MTL ヴォイストレーナーズ・メソッド” 〆切間近。
業界トップクラスのメソッドで、圧倒的な結果を出す。ヴォイストレーナーとして活躍されている方はもちろん、ヴォイストレーナーを目指す方、トレーナーという仕事に興味があるという方も。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ある日のレッスンから, ボイストレーナーという仕事, 今日のレッスンから , , , , ,

  関連記事

カラダに染みこませたものは裏切らない。

若かりし頃から、使った「歌詞カード」を 大切に取っておく習慣があります。 「ネッ …

「ブログの投稿は終了したのですか?」

「ブログの投稿は終了したのですか?」 というお問い合わせをいただきました。 &n …

関係性がつくれないから上達しない。

ここ数年、芸能事務所や音楽事務所の 新人育成ワークショップを担当させていただく機 …

no image
「情報」は量より質!

私はボイトレや声、カラダに関する本など、 気になるものを定期的にどかっと大人買い …

「センスが悪い」と言われる人への5つのアドバイス

今日は昨日のブログの続きとして、 テクニックはあるのに、音楽的に評価されない、 …

no image
MTLブック、ついにデビュー!

・・・といっても、出版するわけではありません。 ず〜〜っと前から、我が家にやって …

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

「やる気」の不在

おとなになると、人は、 時に義務感で、 時に人間関係を壊したくなくて、 時に損得 …

「空気読め」とか、違くないか?

生まれて初めてアルバイト情報雑誌を買って、 バイトを探した時は、 一体みんな、何 …

生徒たちとの距離感。

「生徒たちとの距離感」は、人にものを教えるものにとって永遠のテーマとも言えるでし …