大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「 イケてないシリーズ 」 一覧

「面白くないな」と思ったら、まずは自分自身を見直す

  2016/07/18    イケてないシリーズ

「教える側が優秀な生徒や、可愛い生徒を贔屓(ひいき)するのは当然だ。 世の中不公 …

「そんなピッチで気持ち悪いと思わない自分をなんとかした方がいいよ」

「ああ〜〜、やめてぇ〜〜、気持ち悪いぃ〜〜〜っ」 音楽がなんとなくわかった気にな …

「ピッチが悪い!」を直すロジカルシンキング

「ピッチが悪い!」 年間通して、いや、1週間に、 このことばを、何回口にするでし …

「コピー」を卒業したいなら、徹底的に「コピー」する

  2016/05/18    イケてないシリーズ

楽曲のパフォーマンスには、 「オリジナル」と「カバー」と「コピー」の3種類があり …

いい加減、「ピッチが悪い」をどうにかしません?

  2016/05/10    イケてないシリーズ

「ピッチが悪い」というと、専門的に聞こえますが、 実は、ごく一般の人でも、無意識 …

そのボイトレで本当にいいんですか?

かつて某大手プロダクションの新人育成を任された時のことです。 レッスンにやってき …

まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!

  2016/04/18    イケてないシリーズ

カラオケ文化というものが浸透してからか、 若手ヴォーカリストは、とにかくすぐに歌 …

「機材がない」を言い訳にしない。

  2016/03/28    イケてないシリーズ

時折、アーティストの卵たちや、学生たちに、宿題を出します。   その時 …

ギター&ヴォーカルは、なぜみんな姿勢が悪いのか?

  2016/03/22    イケてないシリーズ

北は札幌から南は沖縄、いや奄美大島まで。 日本各地から、ヴォイトレにやってくるア …

「無神経」も「曖昧」もダメなんです。

「MISUMIってさぁ、お勉強は出来るけど、頭悪いじゃない? あ・・・ごめんね。 …

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

イケてないロック・ヴォーカルは、なぜイケてないのか?

  2016/02/11    イケてないシリーズ

イケてないロック・ヴォーカルって、一体全体どこがイケてないんでしょう? &nbs …

「腕は良いのに仕事が来なくなる人」

音楽業界には、 「なんであの人に、あんなに仕事くるんだろうね〜?」と影で噂される …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …

アドリブは「テキトーに演る」ということとは全然違う。

  2016/01/08    イケてないシリーズ

「ここはアドリブっぽく歌ってください」 「8小節、アドリブお願いします」 &nb …